出会い系サイトの女の子と不倫するブログです。

menu

不倫マンが出会い系の女の子&LINEを晒すブログ

意識高い系の女を、ベロベロに口説いて俺の愛人にしてやった話w

意識高い系の女を、ベロベロに口説いて俺の愛人にしてやった話w

自分のことを賢いと思ってるアホな女は、結構不倫にハマりやすい。

よくツイッターとかのSNSでも見ないか?ちょっと「あい痛た系」な女の子。あのタイプは、褒めて、上げて、おだてると、簡単に意のままに操れる。

そんな、簡単に攻略できる女が出会い系サイトにわんさか居るw

普通だったら「え?」ってなるような女の子でも、それが可愛くてエッチだけの関係なら、全然気にならないよな!

出会い系サイトを使って不倫していたら、嫌でも意識高い系の女と会うと思うから、そんな女の子とも確実に不倫エッチできるように、俺の体験談を参考にしてくれ。

賢い(自称)の女ほど、不倫に陥りやすい

出会い系サイトを使ってると、たまに香ばしい女を発見する。
そんな勘違い系女のお約束フレーズはこちら。

  • 海外好き・帰国子女アピール
  • 投資・経営の話が大好き
  • このサイトでは人脈を~的な

まぁ、ホント。テンプレですわw

これ系の女は、ライバルも少ない割に、けっこう簡単に落ちるのでオススメ。ブスだったら狙わないけど、かわいい女の子なら狙う。

今回も”いい具合に勘違いしているカモ女”を見つけたので、メールを送ってみる。すると返事がすぐに届いたので、そのままサイトメールを10通ほど交わしてからLINEへ移行。ところどころ、意識高い系の、痛い発言が目立つが、順調に会話のラリーが続いてる。

名前は理恵。年齢は26歳。
フリーターをしながら、企業(何のかは不明)するために日々奮闘しているのだとか。

意識が高い女とLINEを交換

ある程度仲良くなった気がしたので、この意識高い系女を食事に誘ってみると。

俺「よかったら、ディナーとかどうですか?」
理恵「何故、夜なのですか?別に昼間ならご一緒させて頂きますが?」

…はい。そっすか(心の声)

やはり、面倒くさい女だが、せっかく食事に誘えたわけなので、口説いてエッチできるかにチャレンジしてみようと思う。

意識高い系の女でも、しっかり口説けば愛人にできる

俺は、出会い系サイトのプロフィールを数アカウント持っているのだが、その内の1つは「年商2億円の、大手ECサイト運営者」なのだ。

意識高い系の目をキラキラさせるには、このような実業家を演じるのが1番だ。長い付き合いになるなら、そんな嘘はバレてしまうが、一期一会で出会ってエッチするなら、そんなハイスペックな男性を装っても問題ない。

今回も、俺が「ECサイトを運営している」と行ってから、理恵の態度が変わった。

意識の高い女を愛人にするためにデートしてきた写メ

実際に会ってみた感じ…まぁまぁ、かわいい(笑)

これはSNSでも周りのおっさん達にチヤホヤされ、本人も勘違いしてしまうパターンだ。現に、SNSでは数々の起業家たちと繋がっているようだ。

俺「ねぇ。それだけ仕事やってて、ずっと独身のキャリアウーマンでやってくの?」
理恵「私が仕事を頑張るのは、将来、経済的に困らない家庭を持ちたくて…(うんたらかんたら)」
俺「そっか。でも、それだけメインが仕事なら、男との出会いってある?」
理恵「それが、全然ないんです。賢治さんは、出会いとかありますか?」
俺「あるよ。今日、理恵ちゃんと出会ったこととか!」
理恵「本当ですか?嬉しいな♥」

といった感じで距離を縮めて、ゴリゴリに口説いてみると…

意識高い系の女を口説いて愛人にした写メ

既婚者だけど、意識高い系とセックスできた♥

んー。やっぱ楽勝ッスね。

出会い系サイトで知り合った女なら、属性とか関係ナシで抱ける気がする。(笑)

今回エッチした理恵ちゃんは、嘘で身を固めまくった”俺”だから、一回限りの関係で終わり。かわいくてエロかったから、あと1回くらいエッチしたいのが本音だけど…ちゃんと引き際を弁えないと、出会い系サイトで不倫なんてできないよね。

出会い系には変わった女が多いが…

出会い系サイトを使ってる人にはわかると思うけど、サイトには『周りから浮いてる女』とか『ちょっと「え?」ってなる女』とか、そんな変わった女が多い。

だけど、そんな女が居るからこそ、俺みたいな既婚者でも余裕でヤレるw

どうせエッチするだけなら、性格がまともであろうが、変わってようが関係ない。俺的に【簡単】にヤレて【安全】に不倫できればそれで良し。つまり、意識高い系の女は、格好のターゲットなのだ。

出会い系サイトでサクッとエッチしたい場合は「対、意識高い系女専用アカウント(起業家・経営者のふり)」を作って接してみてほしい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。